11月のメッセージ

 今年も王さまが大切にしている11月1日がやってきます。王さまには1年の中に大切な日がいくつかありますが、11月1日は特別大切な日です。
 いちごメイトのみなさんは、きっと、もう分かっていますよね。
 「ハッピーバースディ、キティちゃん、ミミィちゃん!」
 大好きなキティちゃんとミミィちゃん、これからも友情のシンボルとして、世界中のお友だちと仲良くしてね。

 キティちゃんとミミィちゃんが誕生したのは1974年。今から46年前です。今では世界中にたくさんのお友だちがいるキティちゃんですが、デビュー当時からずっと応援し続けてくれているいちごメイトのみなさんのことが、キティちゃんはとってもとっても大好きなんですって。これからも王さまと一緒にキティちゃんとミミィちゃんを応援していきましょう。

 友情のシンボルであるキティちゃんのお誕生日の11月1日は、いちご新聞で王さまが作った『友の日』でもあります。
 カレンダーには、父の日、母の日、こどもの日、敬老の日・・・と、大切な人に感謝する日が決められているけれど、私たちが生きて行く中で、とても大切な存在のお友だちに感謝する日がないことを不思議に思った王さまが、14年前に“11月1日を友の日にしよう!”とみんなに呼びかけて始まった『友の日』。
 今年はコロナウイルスのせいで、以前のように気軽に一緒に外出したり、お食事したり、旅行することが出来なくなってしまって本当に残念だけれど、カードを書いて贈ったり、久しぶりに電話したりすることで友情を深めてくれる日であってくれたら、王さまは嬉しいです。

 王さまもこの状態がずっと続いていて、大切なお友だちに会えないでいることが淋しくて淋しくてたまらなくて、いったい、いつになれば、普通に会えるようになるんだろう?と、コロナが流行る前の楽しかった想い出を懐かしんでばかりいます。みんなもきっと同じですよね。

 そうだとしたら、今年の『友の日』は、近い将来、コロナのワクチンが出来て、以前のように外出できるようになったら、お友だち同士で何をしたいか?どこに行きたいか?を電話で話し合って、楽しい計画を立ててみるのはどうでしょうか?
 王さまもお友だちと“出来るようになったら、やってみたい新しい楽しみ”について計画を立て始めようと思っています。

Page Top