なかまたち

シンカイゾクのなかまたち

深海の自称アイドル メンダコの「メンタくん」

深海の自称アイドル メンダコの「メンタくん」

どこまでも潜れるとくしゅな能力をもっている。
タコだけど、墨は吐かないことにしている。
つぶらなひとみで、色んなモノを観察するのが趣味。
のんびりやで、だれとでも仲良くなれる、深海のアイドル的存在。
UFOににてるのが自慢で、いつか自分も空を飛べると、密かに信じている。

1億年前から変わらない ラブカの「ラブちゃん」

1億年前から変わらない ラブカの「ラブちゃん」

マイペースで、自分のことには無頓着。
でも、探究心は人一倍で、興味のあることを見つけると、くらいついて離さない。
一見こわもてなのに、じつはちょっぴり照れ屋なかわいい一面も。

ごぞんじ深海の天使 クリオネの「クリぼう」

ごぞんじ深海の天使 クリオネの「クリぼう」

透き通った肌に、みんなうっとり。
天使の微笑みの裏側には、敵をみつけると 容赦なく攻撃するというデビルな一面も…。
しかし、そのギャップがまた、ファンにはたまらないらしい。

世界でいちばん大きなイカ ダイオウイカの「ダイオウ兄さん」

世界でいちばん大きなイカ ダイオウイカの「ダイオウ兄さん」

すごいでかい。
17mぐらいある。
基本的に前向きで元気、いつも騒がしく熱血すぎるお兄ちゃん。
ちょっとまわりとズレている。
かっこいいセリフを言っても誰も聞いてないことがよくある。

電気いらずでぴかぴか光る チョウチンアンコウの「チョウさん」

電気いらずでぴかぴか光る チョウチンアンコウの「チョウさん」

真面目で几帳面、いつも敬語。
…なのに怖い顔をしているので怒っていると勘違いされてしまうのが悩み。

巨大なフクロですいこむ フクロウナギの「フク助」

巨大なフクロですいこむ フクロウナギの「フク助」

おおらかで、のんびりや。
みんなから愛される海の人気者。
とことん受け身で、誰かに話しかけられるのをひたすら待っている。
一見おだやかだけど、本気で怒らせると怖いらしい。

こう見えて人魚のモデル リュウグウノツカイの「リューグー」

こう見えて人魚のモデル リュウグウノツカイの「リューグー」

皆がうらやむほどの美しいボディの持ち主。
ちょっぴりナルシストで、心優しい。
涙もろくてすぐ泣くが、気持ちの切り替えも早い。

まぼろしの生きた化石 シーラカンスの「シーさん」

まぼろしの生きた化石 シーラカンスの「シーさん」

めったに姿を見せない恥ずかしがり屋さん。
泳ぐのも、しゃべるのも、ご飯を食べるのも、ものすご〜くゆっくり。
気がつくとぽつんとひとり取り残されることもあるけど、あんまり気にしない。

平和を愛する巨大ザメ メガマウスの「メガどん」

平和を愛する巨大ザメ メガマウスの「メガどん」

大きな図体に似合わず、とってもやさしい心の持ち主。
すごく謙虚で、めんどうみがいいから、みんなに慕われている。
穏やかな海をぼーっとただよっているのが何よりのしあわせ。

深海の巨大ダンゴムシ ダイオウグソクムシの「ソックン」

深海の巨大ダンゴムシ ダイオウグソクムシの「ソックン」

無表情でいつも無言。
かなりのマイペース&かわりもの。
体が固いのでダンゴムシみたいに丸くなれないのを気にしている。

恐竜はともだち!生きた化石 オウムガイの「ムーちゃん」

恐竜はともだち!生きた化石 オウムガイの「ムーちゃん」

とても物知りで勉強家。
ぎょろりと大きな目とたくさんの触手でいち早く情報を仕入れるから、意外と流行にも敏感。
おもしろいものに出会うと、触手がうねうねする。

いつもえがおでならんでる オオグチボヤの「オオグチボヤーズ」

いつもえがおでならんでる オオグチボヤの「オオグチボヤーズ」

ひとりぼっちはさみしいのでいつも誰かといっしょ。
みんなとってもおしゃべりで仲良し。
しゃべり疲れて寝ようとしても必ず起こされるので年中寝不足らしい。

世界でいちばん大きなカニ タカアシガニの「タカさん」

世界でいちばん大きなカニ タカアシガニの「タカさん」

すらりと伸びた長い足がチャームポイント。
はさみを振って歩く姿はスーパーモデルのよう。
堂々と振る舞いながらもじつは小心者で、心の中ではいつもドキドキしている。

ブサイクだけど気にしない ニュウドウカジカの「ニュウドウおじさん」

ブサイクだけど気にしない ニュウドウカジカの「ニュウドウおじさん」

まあるいあたまにでかいはな、ぶあついたらこくちびる。
ブサイクだけど、本人はまったく気にしてない。
でも、じっくり見てみると、つぶらな瞳がチャーミング。

いつもはらぺこ深海のブタ センジュナマコの「センジュさん」

いつもはらぺこ深海のブタ センジュナマコの「センジュさん」

ちょっぴり太めのルックスを、ブタとからかわれることも。
見た目はぼてっとしてるけど、食べものにだけは敏感。
いつもお腹をすかせては、海のそこでひげをうごめかせ、食べものを探している。

もふもふの毛がおきにいり ゴエモンコシオリエビの「コシオリーナ」

もふもふの毛がおきにいり ゴエモンコシオリエビの「コシオリーナ」

いつも温泉でゆったりくつろいでいる彼女は、深海のマダムそのもの。
もふもふの毛皮にくるまれて、セレブな深海生活を送っている。
アフタヌーンティー用に、毛皮の中におやつをしのばせてることは、内緒。

ピンクのこんにゃくボディ サケビクニンの「サケじい」

ピンクのこんにゃくボディ サケビクニンの「サケじい」

こんにゃくみたいにぷにょぷにょ、ピンクのボディのおじいさん。
ぼんやりしているようで、じつはかなりの食通らしい。
アゴでえものにふれるだけで、味がわかるのだとか…。

さかななのに立ってます オオイトヒキイワシの「イトーキー」

さかななのに立ってます オオイトヒキイワシの「イトーキー」

3本足がじまんの彼は本当は泳げるくせに、めんどくさくてあんまり泳がない。
我慢強さはひと一倍。
どんなにお腹がすいても、ご飯がやってくるまでじーっと待っている。

あこがれの光るしょくしゅ ニジクラゲの「ニジ姉さん」

あこがれの光るしょくしゅ ニジクラゲの「ニジ姉さん」

にじ色に光るロングドレスがすてきなお姉さん。
ハデな外見だけど、性格はサバサバしている。
危険がせまると大事なドレスをいさぎよく脱ぎ捨てちゃうことも。

なんでもたべるくいしんぼう ミズウオの「ミズ兄」

なんでもたべるくいしんぼう ミズウオの「ミズ兄」

ほっそりしたカラダなのに目についたものをなんでも食べちゃう、やせの大食いとは彼のこと。
食べても太らないのは、カラダのほとんどが水分でできているから。
ほうろうへきがあり、たまに浅い海にあらわれることも。

うみのそこにひそむボス ソコボウズの「ボウさん」

うみのそこにひそむボス ソコボウズの「ボウさん」

つるんとした頭でのそのそ泳ぐ姿は、深海のお坊さんのよう。
ものすごく深い場所に住んでいるせいか、深い話をするのがとくい。
ありがたがって、遠い海から話を聞きにやってくる魚がたえない。

しっぽがスマホ? チヒロカスベの「チヒロさん」

しっぽがスマホ? チヒロカスベの「チヒロさん」

海のそこで眠っていると、ざぶとんに間違えられてたまに他の魚にすわられる。
しっぽから電気をだして仲間と通信するのがしゅみ。
チョウチンアンコウのチョウさんとは気が合うらしい。

ヤモリじゃなくてサメ ニホンヤモリザメの「ヤモリン」

ヤモリじゃなくてサメ ニホンヤモリザメの「ヤモリン」

ぱっちりおめめがチャームポイント。
じーっと見つめるだけで、恋に落ちちゃう魚女子がぞくしゅつだとか。
ヤモリに似てるといわれるけど、ヤモリって見たことないし、サメだし!と、変なプライドをもっている。

Page Top