4月のメッセージ

 みなさん、元気に頑張っていますか?
 いちごメイトの中には、これから新しい環境へ向かおうとしている方もいることでしょう。新生活が始まる人も、これまで通りの生活が続いていく人も、4月は気分をリフレッシュして臨みたいものです。
 スポーツや習い事を始めるにもいい季節ですから、興味のあることにどんどんチャレンジしてみてくださいね。

 さっき、いちご新聞のお姉さんから、今回のいちご新聞は創刊40周年記念号だと聞きました。40年もの長い間、たくさんのいちごメイトのみなさんに支えられてきたことにあらためて感謝の気持ちでいっぱいです。みんな、どうもありがとう!
 そして、王さまはこのいちごの王さまのメッセージを40年間書き続けてきたことになります。回数にすると566回! 自分でもそんなにたくさん書いたのかとビックリしています。

 でも、実は、その前にいちご新聞PR号というのを出していて、その中で王さまはこんなことを書いていました。
 『新しい私たちの世界を作ろう。…いまだに、世界中のどこかで、戦争が起こったり、爆発騒ぎや工場公害などが一部の人たちによって引き起こされています。どうしてなのでしょうか?もっとみんなが他の人たちのことを考えてあげることはできないのでしょうか?(中略)もっともっと思いやりがあって、心のやさしい人たちばかりの楽しい私たちの世界をつくっていかなければ…いちご新聞は、そんな平和で、幸福な世界をつくっていきたいと願って発行されるのです』
 あれから40年が経ち、当時生まれたばかりの赤ちゃんは40才に、小学生だった小さな子供たちは50才前後の年齢になっています。
 それなのに、いまだに世界のどこかで戦争は起こり続けているし、生活公害の問題もなくなっていません。
 今、改めて、創刊当時のいちご新聞を読み返してみて、世界は悲しくなるくらい全く改善されないまま時間だけが経過し、夢見ていた平和な世の中は、まだまだ、ほど遠いことに驚きと怒りを感じます。

 でも、王さまは決してあきらめません。
 これからもこのいちご新聞を通して、いちごメイトのみなさんと一緒に仲良く助け合いながら暮らせる世界を目指していきたいと思っています。

 この40年間でハローキティ、マイメロディ、リトルツインスターズたちは世界中から愛される存在になりました。それは、サンリオのキャラクターたちが、仲良しの輪を広げる活動をこれまで40年にわたって続けてきたことの証です。
 だから、王さまもいちご新聞の創刊当時の強い気持ちを忘れないで、このメッセージを書き続けようと思います。いつかは世界中の人々がやさしい心とあたたかい思いやりを持って、お互いに助け合いながら仲良く暮らせる日がくることを信じて・・・。
 いちごメイトのみなさん、これからもいちご新聞を応援してくださいね。

Page Top